ホーム 活用事例 AI搭載で強化された検知機能 GV-AIカメラシリーズ
活用事例Case
AI搭載で強化された検知機能 GV-AIカメラシリーズ
GV-AIカメラとは
  • 従来のカメラ
    VA(映像解析)を使用した検知機能。
    映像変化すべてに対して検知。人/自動車/物体に加え、風/揺れ/光の変化などの自然環境の変化も検知対象。

    GV-AIカメラシリーズ
    AIを使用した検知機能。
    検出対象を「人」、または「自動車」に限定した検知が可能に。誤検出を減らすことが可能。
  • aiカメラ
主な機能
  • クロスライン検出
    機能① クロスライン検知
    映像内にラインを設定し、指定した方向に移動した物体を検知。
    活用シーン
    • 道路や駐車場などの車両の逆行検知
    • エスカレーターや動く歩道などの人の逆行検知
    • 駅のホームから線路など規制線を超えた移動の検知
  • 車両の逆行検知
  • 入口範囲検知 出口範囲検知 侵入検知
    機能② 入口範囲/出口範囲/侵入検知
    映像内にエリアを設定し、エリア内への物体の侵入を検知。
    活用シーン
    • 入店/入場者の検知
    • 介護施設などの無断外出者の検知
    • 工場などの危険エリアへの侵入検知
  • 工場の侵入検知
  • 顔検出
    機能③ 顔検出
    指定したエリア内の顔を検知。
    活用シーン
    • 金庫室・サーバールーム内など重要エリアの顔検出
  • オフィスビルの顔検出
  • 人数カウント
    機能④ 人数カウント
    映像内にラインを1本設定し、指定した方向に通過した人数をカウント。
    活用シーン
    • ビル、店舗の滞在人数カウント
    • 人数限定イベント会場の来場者数のカウント
  • エントランスの人数カウント
  • 混雑密度監視
    機能⑤ 混雑密度監視
    映像内にエリアを設定し、エリア内の人数をカウント。
    活用シーン
    • ホテルなどの食事会場
    • 店舗のレジエリア
      ※カウントできる人数上限40人
  • エントランスの人数カウント
AIカメラ単体で出力できる機能
  • メール通知
    メール通知
    イベント発生時に、指定したメールアドレスにスナップショットと共にメールを送信。
  • カメラ内蔵アウトプット制御
    カメラ内蔵アウトプット制御
    イベント発生時に、カメラ搭載の接点出力。
    ※接点搭載の有無、および接点の仕様については、カメラの仕様書をご確認ください。
  • 内蔵ストレージへの録画
    内蔵ストレージへの録画
  • FTPサーバーへの画像アップロード
    FTPサーバーへの画像アップロード
    イベント発生時に、指定したFTPサーバににスナップショットをアップロード。
製品の構成例
  • AIカメラシリーズの製品構成例
AIカメラ製品ラインナップ
屋内用ボックス型カメラ
屋内用ドーム型カメラ
屋外対応バレットカメラシリーズ

屋外対応ドームカメラシリーズ

パン・チルト・ズームカメラシリーズ