ホーム 製品情報 映像監視システム GV映像監視システム GV-AI Guard
GV-AI Guard
AI画像解析技術による「人やモノの混雑/侵入検知」
GV-AI Guard Basicは、AI画像解析技術による映像管理ソフトウェアです。

指定した境界線を通過する人物や車を検知する「動体検知」、指定した境界線を横断・侵入を検知「横断・侵入検知」、工場や工事現場などでヘルメットの着用の有無を検知する「ヘルメット検知」、ウイルスの感染症を防ぐ、マスク着用の有無を検知する「マスク検知」、「ソーシャルディスタンシング検知」、「混雑検知」などの機能を備えています。

AI画像解析技術により、特定の状況を識別し、人や車の「侵入・横断」時に発報し、管理者に潜在的な問題を即時通知することができます。GV-AI Guard Basicは、施設・道路や工事現場の安全を守り、更には新型コロナウィルス感染症から皆様の健康を守る最適な製品です。
  • AI画像解析用のカメラ16台に対応
  • 指定した境界線を通過する人物や車を検知する「動体検知」
  • 人や車が指定した境界線を通過する時に通知することができる「侵入検知」
  • 立ち入り禁止のエリアでの滞留を検知する「滞在検知」
  • 人と人の距離を測定し、密発生時に通知することができる「ソーシャルディスタンス検知」
  • 工場や工事現場などでヘルメットを着用していない時に通知することができる「ヘルメット検知」
  • マスクを着用していない時に通知することができる「マスク検知」
  • 人や車の過密状態を検知する「混雑検知」
  • イベントアラート:アラーム出力、メール通知、コンピューターノイズアラーム
  • AIイベント時のライブ映像ポップアップ
  • AIイベントによる検索に対応
  • AIイベントの検知スケジュール
  • AIイベント発生時にGV-Center V2 / GV-Vital Sign Monitor (V18.3.0)の死活監視に対応
  • Iイベント発生時にGV-Cloud Center(V2.0)とGV-Notifyアプリ(V1.3.2)の即時通知に対応

注(*) : GV-AI GuardからGV-Cloud CenterやGV-NotifyアプリへのAIイベント統合は開発中です。近日中にリリース予定。

システム構成
  • 型番
  • 名称
  • 詳細
  • GV-IO Boxシリーズ
  • GV-IO ボックスシリーズ(4ポート/8ポート/16ポート)は、それぞれ4点/8点/16点のセンサー機器入力とリレー出力を備えており、DC出力電圧とAC出力電圧両方に対応します。オプションでイーサネットモジュールと4Eに対応し、さらにPoE、TCP/IPおよびRS-485接続にも対応します。
  • GV‐Joystick V2
  • GV-Joystick V2によりGVシステムに接続されているPTZカメラを直感的に操作することが可能となります。
    GVシステムに接続して単独またはGV-Keyboarにの接続で使用することも可能です。操作性を向上させることができます。
  • GV-AI Guard Setup
  • GV-AI Guard Introduction
ドキュメント
  • Type
  • Title
  • Ver.
  • Download
  • Date
  • PDF
  • GV-AI Guard仕様書
  • -
  • 2021-09-03
  • PDF
  • GV-AI Guard製品カタログ
  • -
  • 2021-07


*仕様は予告なく変更になる場合がございます。